~ なぎちゃんのつぶやき ~

プータロウになりました

mixiの日記にはちょこちょこ書いていたものの、こっちはまるでお留守してましたので、あらためて。

年度末3月31日をもって、解雇されました。

私自身は、解雇をそのまま受け入れて、もう入札に左右されない職に就きたいとわりと早く決めたつもりだったのですが、新規に参入する業者と契約して職場に残りたいという仲間も何人かいたことは確かです。

落札金額からして、全員が残るかたちは不可能でした。本当に安く落札されたので。
早々に退く意向を表明していた3名と、別会社からの2名を除き、残る4人で交渉しないかと声をかけられたのは、もうハローワークにも出向いた後のことでした。
正直気乗りはせず、でも4人残るなら大変だけどなんとかなるからと説得されて一度は交渉するメンバーに入りました。しかし、考えれば考えるほど無理なことに思えてきて、作成した文書を提出するという寸前になって、やっぱり降りますと断ったのです。
ところが、ひとりの先輩から「大丈夫だから」と更なる説得を受け、記名こそしないものの、人数には入れられたままにその交渉文書は先方に渡りました。

結局、先方の業者からは全く返答が来ないまま、最後の日を迎えました。
私は初志を貫けるかたちになって良かったのですが、一切の返答がなかった無礼に残る3名はとても怒っているようでした。
人間関係というものはいろいろあって、思わぬ別のルートから入ってきた情報に寄れば、どうもその「文書内容」の条件が先方にはかなり不満だったらしく、その時点で4名は声掛けの対象からはずされたとのことでした。記名をしなかったにもかかわらず、どこからか名前も漏れていたようです。

私がつかんでいる情報が全て正しいとも限りませんが、知る限りでは少し後味の悪い終わり方でした。

現場は4月からの混乱に備えてあらゆる手を使って人を集めていました。
完全に退く意向を示していた仲間内からも引継ぎ要員としてひとりを獲得し、以前退職した人たちにまで声をかけた上に、異動になった職員まで助っ人に借り出して新年度をスタートさせたようでした。

さぞかし木・金の二日間は、バタバタとしたでしょうが、まぁ年度末ほど混み合うわけもありませんから、なんとかなったでしょう。

もう振り返らないぞと心に決めたのに、こうして再びここに報告を書いている私って、多少なりとも現場に心を残してきたんだと思います。

ここ数日は、まだ離職の関係書類も手元に来ないので動きようもなく、また年度末の疲れで体調も思うようでなかったので、のんべんだらりと不規則な生活をしてしまいました。

眠っても眠っても眠いというのは、心身ともにくたびれているのもあり、春のせいでもあるのでしょうか。

前職に勤めていた3年半の間、正確にはもう少し前からだったかもしれませんが、夢というものをほとんど見ませんでした。実際は見ていたのかもしれませんが、朝起きて、その記憶が残っていることがなかったんです。

それが、おとといの晩、久しぶりに夢をみました。
朝、目が覚めて、夢をみたことを覚えていました。内容は内緒です(笑)。でも、覚えていたことが、なんとなく嬉しかったです。それに、ちょっぴりあったかな夢だったので。

これから、職探しは楽ではないでしょうが、あせらず取り組んでいきたいと思います。


生かしていただいてありがとうございます
[PR]
by kiseki_of_kon | 2010-04-04 20:08 | 日☆常
<< ハローワーク 久々に逝きまくった(ぇ >>



エッセイ風☆日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
~*リ ン ク*~
>ソラの詩HP



野良猫賊公式サイト




©2009 CJ Internet Corp. All Rights Reserved.
©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。





c2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License c2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
c2004 Gamepot Inc., All rights reserved.




©2003-2008 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.




クリックで救える命がある。スポンサー企業が人道支援や環境保全などに取り組むNPO団体に寄付します

ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧