~ なぎちゃんのつぶやき ~

また遊んでもらいましたw

2011年1月6日───

気まぐれログインしたら、ごんちゃとるしさんがいました。
るしさんはお仕事が早いのでまもなくログアウトしてしまいました。
ごんちゃがまだシェアできる職があるとのことで、私の武術58に合わせ、60代後半の道士で旅団を組み、私にとっては初めての崑崙山に行きました。

・・といっても、アイテムが無料販売されているので、移動はもっぱら「どこでもトビラ」です。
トビラワープなので、どこらへんに跳んで来たのかわからぬまま、おっきな狼さんを狩ることに。

道士は火力すごくて、ちまちま叩いている私の武術とは桁が2つ違いました(笑)。
f0139725_0564551.jpg

でも、MPが早く枯れてしまうので、まもなく座って休まなければならず、いたたまれなくなったごんちゃが職を盗賊にチェンジ!
戻ってきたらますます火力が上がり、レベル下の私はほくほくでした(*^-^*)

57の80%だったレベルが59に上がり、これであと1レベルでやっと60の黄金の棍が持てるようになるかと思うと、超嬉しかったです。
思えば、カプセルでそれが当たったのはもう1年か・・いあいあ、2年くらい前かしら。ただでさえ火力の出ない武術家で、ソロの苦手な私がレベル上げに励める訳もなく、ずっと宝の持ち腐れでした。そのうち、もっと強い武器が出ちゃったし( ̄▽ ̄;A

一度、中くらいの白や黒のお猿さんがいっぱいいるところに移動しましたが、私が追いつくかつかないうちに、ごんちゃの火力でお猿さんが「マイッタ」しちゃうので(笑)、やっぱり狼さんのところに戻って狩りを続けました。

私が晩御飯がまだだったので、23時少し前にやむをえず打ち切りましたが、思いもかけず10レベル以上も上の妖魔相手に、それも結構安定した狩りができて、嬉しかったです。

ってね、明日は朝からハローワークだし、そのくらいでストップしておいて良かったです。ごんちゃはやっと思い切り火力発揮できたところだったから、もうちょっとやりたかったと思うけれど(ごめんなさい^^;)


ところで、古いゲームノートを見ていたら、飛天で一番最初に作ったキャラクターでの初飛剣は、2006年の12月14日でした。もうまる4年も前のことです。当時私は「無属性」という流派でお世話になっていて、その時の恋人さんと一緒にやっとこレベル35になって、簡易飛剣で崑崙鏡世界を飛び回ったのでした。初めてのMMOで、ひとりではとても35までアップできなかったし、たくさんの先輩たちに教わったり、恋人さんやお友達に協力してもらった末の初飛行・・。感慨深かったです。その頃はまだ古いPCだったので、故障してしまってSSも残っていないけれど、あの時の空の色と、上空から見た地上の景色は忘れられないです。
最初は木にぶつかって出られなくなったり、建物にぶつかって止まったりして、大変だったなぁ(笑)。今のように目的地をクリックで自動飛行が出来なかった頃のお話です。
[PR]
by kiseki_of_kon | 2011-01-07 01:27 | 飛天オンライン
<< 1月15日 ソラの詩 ラスト同... 久しぶりに遊びました >>



エッセイ風☆日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
~*リ ン ク*~
>ソラの詩HP



野良猫賊公式サイト




©2009 CJ Internet Corp. All Rights Reserved.
©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。





c2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License c2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
c2004 Gamepot Inc., All rights reserved.




©2003-2008 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.




クリックで救える命がある。スポンサー企業が人道支援や環境保全などに取り組むNPO団体に寄付します

ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧