~ なぎちゃんのつぶやき ~

時折の孤独


なまぬるい雑踏の中に、私は在て、
その心地よいはざまにうずもれていながら
ふいにかまいたちをくらうことさえ
忘れてくらしている

ぱっくりと
クチを開いた傷あとに
気がつかないで
気をとられないようにして
目をやらないようにして
黙って耐えながら巣に帰る

たそがれどきに
稀に吹いてくるあたたかな風を待ちながら
ひざをかかえて
闇のやさしさに包まれたくなくて
まどろみにさからうために
傷に目をやる
目からこぼれる水が
その傷を少しずつ癒すのを感じながら・・・

やがて水が枯れ
そのいきおいで目をあけるのを忘れてしまう

それを思い出したときには、
もう、陽のひかりが
遠慮することもなく差し込んでいるのだ
[PR]
by kiseki_of_kon | 2008-05-03 02:16 | 独り言・・・
<< 恋人のアルバム ニュ~バ~ジョンのバグ出現w >>



エッセイ風☆日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
~*リ ン ク*~
>ソラの詩HP



野良猫賊公式サイト




©2009 CJ Internet Corp. All Rights Reserved.
©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。





c2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License c2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
c2004 Gamepot Inc., All rights reserved.




©2003-2008 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.




クリックで救える命がある。スポンサー企業が人道支援や環境保全などに取り組むNPO団体に寄付します

ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧