~ なぎちゃんのつぶやき ~

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

久々に逝きまくった(ぇ

先週末は、PS2で乙女ゲーやっていました。
えと、オトメイト作品でヒットした「緋色の欠片」のシリーズ2作目、「翡翠の雫」です。

「緋色」は、乙女ゲーとしては戦闘シーンの描写(あくまで文章表現)が詳細で結構長く、敵キャラのプロフィールが作りこまれていて単なる悪役でないところが感情移入でき、結構好きではまったゲームでした。ほぼパーフェクトにクリアしましたしw
その後に出た続編(ファンディスクに近い)もちょっとやりましたが、そのあたりでMMOに移ったのでほとんどクリアできませんでした。

近頃は、(本気で取り組むと)時間の拘束が長くなるMMOにはほとんど入らなくなったこともあり、だからといってコミュニティに入ることもなく黙々とストイックに狩りを続けるほど好きになれるゲームにもそうそう出会えなくて、再びコンシューマーに戻ろうかと・・

「翡翠」は発売当時(ずいぶん前)に買って、まったく手をつけずに放置していたゲームでした。
でもをやってみて思ったのは、あぁやっぱり二番煎じだ・・ということと、システムが重いのか何なのか、非常にテンポがわるくてイライラの原因になること。前者はまぁ二作目なので多少はしかたないとして、エンターキーならぬ(PS2なので)〇ボタンを押してもテキスト画面に表示される台詞のスピードと音声(ヴォイス)のスピードが合致せず、特に短い台詞などは文字を読んで内容を把握してから音が出る感じなので、せっかくの声優さんのお芝居が活かされていないのです。
やっているうちに少しは慣れてくるんですが、ここぞという大切なシーンではやはりテンポの悪さは残念でした。キャラ同士の台詞の掛け合いなどは、テンポがとても大事です。テレビの漫才とか、音声チャットとか、速いテンポのものに慣れている耳には、「死に間」は正に致命的に聞こえます。

まー、それでも王道キャラはひとりクリアしました。かなりちにましたけどw
このシリーズ、選択肢を間違えると、主人公の女の子キャラが簡単にちんでしまい、ゲームオーバーになります。そうすると、サブキャラが出てきてどうして失敗したのかをご丁寧に解説してくれるんです(笑)。
そういう設計はキライじゃなくて、前作の「緋色」でもそれが楽しみになって、失敗をおもしろがっていました。でも、かなり微妙な違いの選択肢とかあって、人の心理に聡くない私としては苦労しました。

そういう選択肢とかが出たときによく思うんですけど、だってそういう風に思わない場合だってあるじゃん、とか(爆笑)。十人十色でいろいろな考え方が在るのだから、判断はつけられないと思うことが多々あって、それでも選択しないと進まないので主人公の思いになって、というより自分の選択で行くとたいてい逝ってしまうというわけです(笑)。

えー、二人目をやり始めて、ストップしてますが、次の連休はやることがあるとはいえ、ちょっとはやりたいと思います。その二人目キャラは私の大好きな声優さんのおひとりが担当しているので、やっぱりチェックしておかないと、とw

いつでも取り組めるコンシューマーゲームは気が楽ですが、これもはまると昼夜問わず(特に失業中だと)やってしまうので気をつけなきゃと思います(*^-^*)ノ

久々にやりたくなった原因となった動画

生かしていただいてありがとうございます
[PR]
by kiseki_of_kon | 2010-03-17 12:39 | 日☆常



エッセイ風☆日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
~*リ ン ク*~
>ソラの詩HP



野良猫賊公式サイト




©2009 CJ Internet Corp. All Rights Reserved.
©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。





c2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License c2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
c2004 Gamepot Inc., All rights reserved.




©2003-2008 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.




クリックで救える命がある。スポンサー企業が人道支援や環境保全などに取り組むNPO団体に寄付します

ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧